キャッシング 審査 | 即日融資も無利息キャッシングも

MENU

キャッシング 審査ではここを覚えておきましょう

キャッシングの審査を受ける前に重要になってくることは、自分がどこで審査を受けた方が借りられる可能性があるのかを知っておくことです。

 

さまざまな口コミ情報をもとにランキングしたHPでなら、何%の人がどういった風に借りることができたのかを見ることができます。

 

また、同サイトのコンテンツである「借入診断」では、入力した条件に合ったキャッシングを厳選して表示してもらえます。

 

そんなキャッシング総合ランキング情報サイトを以下から確認してみてくださいね。

 


>>詳細はこちら<<

 

キャッシング 審査|ぴったりの銀行や消費者金融なら借りられるかもしれません

 


>>詳細はこちら

レディースローン


>>詳細はこちら

ビジネスローン


>>詳細はこちら

収入証明不要


>>詳細はこちら

無利息キャッシング


>>詳細はこちら

銀行系カードローン


>>詳細はこちら

おまとめローン

 

 

 

 

キャッシングの審査に通らないときはどんな原因がある?

キャッシングの審査では、当たり前ですが必ず信用情報を確認されます。

 

キャッシング審査における信用情報とは、ローンやクレジットカードの利用履歴のことで、信用情報機関が管理しています。
金融業者は信用情報機関に加盟しており、キャッシングの審査時にはこの信用情報機関を通じて申込者の信用情報を照会し確認するという流れになります。

 

信用情報を照会することで個人情報、各種ローンやクレジットカード、携帯電話の割賦払い、奨学金などの契約や支払状況、金融事故情報が分かります。
要するに信用情報を見ることで、申込者が今現在いくら借りているのか、返済を遅延していないか、過去に返済で問題を起こしたり債務整理の経験がないかなど、キャッシングの審査をするうえで押さえておきたい情報を知ることが出来るのです。

 

キャッシングの信用情報で特に重要視されるのは金融事故の有無となります。
金融事故を起こすと個人の信用情報にはその事実が記録として残ってしまいます。
返済遅延、強制解約、代位弁済、債務整理などが金融事故に当たる項目です。

 

上記どれか1つでも該当すれば、信用情報には金融事故が記録される運びとなるのです。

 

キャッシングの審査基準は金融業者毎に異なりますので、事故情報があると必ず審査に落ちるとは言い切れません。
ただ、その場合キャッシング審査に通る可能性は限りなく低いですので、もし自身の信用情報にまずい事故情報があるという方は、キャッシングの審査通過は厳しくなると言わざるを得ません。

 

キャッシング審査の前に意外と見落としがちなのが携帯電話料金の支払いです。
本来携帯電話料金の支払いは信用情報に記録されない項目なのですが、今はスマートフォンを分割払いで購入される方が殆どですよね。

 

端末代は携帯電話料金に組み込まれますので、もし携帯電話料金の支払いを遅延すればそれは端末代を遅延するのと同じことになります。
端末代を分割払いするということは割賦販売法が関係してきますので信用情報に記録されるということになります。

 

ローンやクレジットの支払いで遅延などをしていないのに、キャッシングの審査に通らないと言う場合は、携帯電話料金を遅延したことがないかも確認してみると良いでしょう。

 

キャッシングの審査に落ちる人とそうでない人の違いとは?

キャッシングの審査では、他社からいくらのお金を借りているのかもチェックされます。そして他社借入状況によっては、キャッシングの審査落ちになることも十分に考えられます。
キャッシングの審査を受けている申込者が他社からいくら借りているのか、これはキャッシング審査の申込時に自己申告するかと思います。
しかし中には嘘をつく方もいるため、キャッシングの審査ではより正確な情報を元に判断されます。

 

他社借入状況は、個人の信用情報を紹介すれば直ぐに分かります。ですからキャッシングの審査で嘘をついたとしても直ぐにバレますので、嘘はつかないことです。

 

他社から借り入れしていると、キャッシングの審査に絶対に通らないというわけではありません。
新たに貸し付けても問題なく返済できる、収入に見合った借り入れであると判断されれば、キャッシングの審査通過は可能です。

 

いくらキャッシングしているか、何社から借りているのか、具体的なキャッシングの審査基準は金融業者毎に異なりますので、一概には言えません。
ただ一般的には4社以上借り入れがあると、キャッシングの審査に通るのは難しいとされています。

 

また借入件数が仮に1社だとしても、借入金額が多いことでキャッシングの審査に落ちる可能性もあります。

 

結局のところ、金融業者はきちんと返済してもらえれば良いわけですから、借入件数が多少多くとも問題なく返済してくれれば良いのです。
ただ借入件数が少なくても、借入金額が多く返済に大きな負担になっていると分かれば貸し付けはされません。

 

更に消費者金融からキャッシングをする場合は、総量規制が関係してきます。

 

貸金業者からの借入は年収の3分の1までとなりますので、例えば他社借入が既に年収の3分の1を超えていれば新たにキャッシングすることは出来ません。

 

銀行は総量規制の対象外ですので年収の3分の1を超えるキャッシングも可能です。
しかし多くの銀行では総量規制を一種の目安としていますので、仮に銀行から借りる場合でも年収の3分の1を超える借り入れをしていると、キャッシングの審査に通るのはかなり厳しくなります。

 

キャッシングの審査に申し込む資格のある人とは

キャッシングやカードローンの申込み資格には、必ず「安定した収入があること」と記載されています。
金融業者によっては配偶者に安定収入があれば申込可能としているところもありますが、基本は本人にあることが条件となります。

 

収入が安定していないとキャッシングの審査に落ちる確率は高いです。
ただ、安定収入の定義は業者ごとに微妙に異なります。

 

毎月1回以上の収入があること、定期的に収入があること、家族構成・年収・生活費・支払を踏まえたうえで、キャッシングをしても返済余力があると判断されればOKなど様々です。

 

中には、安定収入と認められなくても収入証明書を提出すれば審査通過できるキャッシングもあります。
但し固定給ではなく歩合給や時給だったり、給与収入ではなく投資による収入や不動産収入の場合ですと安定収入と認められず、キャッシングの審査に通らないこともあります。

 

上記では、配偶者に安定収入があれば本人に収入がなくてもキャッシング審査で通過の可能性があると説明しました。
それは具体的に誰のかといいますと専業主婦であるときのケースです。専業主婦は基本本人に収入がないという方が殆どかと思います。

 

しかし配偶者に収入があれば、世帯収入で見た場合には、キャッシングの審査で問題ないと判断されることもあります。
ただ、消費者金融は総量規制の関係上、専業主婦への貸し付けは原則として行っていません。
銀行であれば総量規制は関係ありませんので、専業主婦でもキャッシングの審査に通り、お金を借りられる可能性はあります。

 

学生でも、アルバイトで収入を得ていればキャッシングの審査に通る可能性は十分にあります。学生という理由でキャッシングの審査落ちになることは殆どありません。また、キャッシングでは親の同意書も不要となります。

 

但し未成年の場合は、アルバイトで収入を得ているとしてもキャッシングに申し込みはできませんので注意してください。
未成年は法律で保護されており、金融業者にとってリスクが大きい貸し付けとなるからです。

 

年金受給を安定収入と認めるキャッシング業者も、中にはあります。
基準は業者ごとに異なりますので、キャッシングの申し込みをする際は、必ず確認してからが良いでしょう。

キャッシングの審査で嘘は厳禁

キャッシングの審査では嘘がバレると先ず通りません。キャッシングの申し込みでは、自分の収入や勤務先情報、他社借入など様々な情報を申告します。

 

人によっては、キャッシング審査に不利になる情報を有している方もいるかと思います。そのような方の中には、審査に通りたいがために虚偽申告をしてしまうケースもあります。

 

言うまでもありませんがキャッシングの審査で虚偽の申告をするのは厳禁です。バレないと思って申し込みされるのかもしれませんが、ほぼ間違いなくバレます。

 

仮に虚偽の内容で審査に通ったとしても後から判明されれば即刻利用停止となりキャッシングの全額一括返済を求められます。

 

悪質な場合は損害賠償請求されますので、嘘の申告は絶対にしないことです。

 

例えばよくある事例としては年収の水増しです。キャッシング審査において安定収入は必須です。

 

収入が多いほうが審査に有利になるため、実際に得ている収入よりも多く申告してしまう方がいます。

 

キャッシングの審査では申込金額が50万円を超えない限りは原則として収入証明書の提出を求められません。

 

しかし申告された収入が怪しいと判断されると、キャッシング申込金額が少額であっても収入証明書の提出を求められます。

 

収入証明書を確認することで収入の嘘はばれることになるでしょう。また他社借り入れを偽る方も多いです。

 

キャッシングの審査では他社借り入れがあると不利です。その為、借りているけど0件と申告される方は多いです。

 

しかし他社借入状況は信用情報をチェックすれば直ぐにバレます。

 

キャッシングの審査でウソを付くことは絶対にやらないことです。審査に通らないばかりか、信用情報に傷がつき他の業者でも審査に通りにくくなります。

 

キャッシングで審査に通りたい気持ちは皆同じです。しかしだからといって虚偽の内容で審査に通ることは許されません。申告は正直かつ正確に行いましょう。

キャッシングの審査に有利なケースや不利なケース

キャッシングの審査において、他社から借り入れがあると審査に不利になるケースが多いと言われています。こう聞くと、一切借金していなければ、キャッシングの審査に有利になると思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

 

絶対ではありませんが、キャッシングの経験がある人と、初めてキャッシングする人では、経験がある人のほうが審査に有利になる可能性が高いです。と言うのも、キャッシングの審査では、収入以外にも非常に多くの審査項目があるからです。

 

キャッシングの審査に通るには、収入が全てと思っている方は結構多いです。しかし仮に高収入と呼ばれるような人でも、他の審査項目で問題があると判断されれば審査には落ちます。

 

初めてキャッシングする人は、まっさらで良いイメージを持たれるかと思います。しかしキャッシング業界における審査の評価基準は、世間一般の持つ評価基準とは異なります。

 

 

キャッシング業者は、如何に長期的に、繰り返しお金を借りてくれる顧客を獲得できるかが重要となります。

 

最初の1回だけキャッシングして、後はひたすら返済で以降は借り入れしないと言う人よりも、繰り返し借り入れして、きちんと返済してくれるような人のほうが利益をもたらしてくれるからです。

 

前者に該当するか、後者に該当するかは、これまでの取引実績を元に判断されます。今まで取引がなければ、当然信用情報には記録がありません。

 

しかし過去に借り入れ経験があれば実績が記録されており、取引期間が長く、返済で問題を起こしていない人と分かれば審査は通りやすくなります。
何故なら、同じ様に長期的に借り入れしてくれて、真面目に返済してくれる可能性が高いからです。

 

キャッシングが初めての人が、審査に有利になるとは限らない理由はココにあります。

 

取引実績がない方は、とりあえず審査に通りやすい、クレジットカードで実績を作るのが良いかもしれません。クレカなら、カードローンほど審査が厳しくない会社も多いですから、実績作りには最適です。

 

注意点として、返済遅延は絶対にしないことです。せっかく実績を作っても、返済遅延をすれば事故情報が記録され、審査に通らなくなってしまいますので、くれぐれも返済遅延はしないようにしておくといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加